海外カードコム

海外旅行のクレジットカード情報!

海外旅行ノウハウ

海外旅行の国際線機内で歯磨きするのは気が引ける方におすすめの方法!

投稿日:

海外旅行で数時間以上も国際線機内にいると、機内食を食べた後に歯磨きしたいですよね。

でも、歯磨きってけっこう時間がかかるから、他の人を待たせてしまう可能性があるので、ちょっと気が引けるという方は多いのではないでしょうか。

かといって、食後にまったくお口ケアをしないのも、ちょっと気になりますよね。

そんな時に、私が行なっている、おすすめの方法をご紹介します。

機内でのお口ケアはパパッとマウスウォッシュ!

歯磨きに代わるお口ケアでおすすめの方法は、トイレ(洗面所)で機内持ち込みした持参のマウスウォッシュ(洗口液)を使って、ぶくぶくうがいをすること。

ぶくぶくうがいなら、10~20秒くらいですみます。

「おトイレ+うがい」なら、歯磨きと違いブラッシングがないので、他の方を長く待たせることもなく、心配する必要はありません。

トイレ内にある洗面台の蛇口から出る水を口にしたくない?!

機内の洗面台は、当然ですがトイレと一体型の個室のなかにあります。

  • けっこうな確率で床や周辺が謎の液体で濡れている
  • 個室だから誰がどんな使い方をしているかわからない

以上のような理由から、洗面台にある蛇口から出る水で、歯磨きして口をゆすいだりするのはイヤだな~と思う人は多いのではないでしょうか。

その点、持参のマウスウォッシュでのぶくぶくうがいなら、洗面台の水は利用しないので、衛生面での不安は解消できます。

ぶくぶくうがいをするにおすすめなのはコンクールF

コンクールFは希釈タイプ(水でうすめて使う)のマウスウォッシュ(洗口液)で、”歯科医院シェア NO.1 の薬用マウスウォッシュ”ということで、高い評価を得ています。

購入者の口コミを見てみたのですが、アマゾンでは購入者が800人以上いて、星4以上の高評価が89%も占めていました。

使い方は、コンクールFを無印良品などで売っている、100ml以内の液体小分けボトルに、入れて水で薄めて作ります。

ボトル容量が100ml以内のサイズ、機内持ち込みができます。

水約25~50ml(コップ約1/8~1/4位)に「コンクールF」5~10滴を滴下し、よくかき混ぜて数回洗口(口中をすすぐ)してください。

※コンクールF公式ページより

私も、海外旅行のときには、無印良品の小分けボトルに入れて機内持ち込みして使っています。

ピリピリするような痛みはなく、うがいの後は口の中が”さっぱり”します。

コンクールFは刺激がほとんどないので、刺激が強いマウスウォッシュが苦手な方にもおすすめです。

また、コンクールFはうすめて使うタイプなので、とってもお得です。

濃縮タイプなので、実は割安です。1本(100ml・1000円)で360~700回ご使用いただけるので、大変経済的です。

※コンクールF公式ページより

希釈タイプは面倒くさいという方は、刺激は強いですがリステリン100mlタイプなどもあります。

ハワイなど長距離路線なら小分けボトルは100mlがおすすめ

台湾や韓国などの短距離路線の機内なら、食後のうがいは行きの機内で1回、帰りの機内で1回の合計2回でOKです。

しかし、ハワイなどの長距離国際線の機内では、片道7時間以上も機内で過ごすので、片道2回くらいお口ケアのうがいをしたくなる可能性があります。

50mlサイズだと、うがい4回分は厳しいので、長距離国際線に乗る場合は、小分けボトルは100mlサイズを選ぶのがおすすめです。

歯磨きシートよりマウスウォッシュの方がおすすめ

国際線機内での歯磨き代わりは、洗口液でのぶくぶくうがい以外にも、歯磨きシートを使う方法もあります。

しかし、歯磨きシートはあくまでの歯や歯茎の表面をだけをキレイにするだけで、歯の隙間まではキレイにできません。

その点、洗口液を使ったぶくぶくうがいなら、歯磨きには及ばないものの、歯磨きシートよりは歯の隙間の汚れや食べかすなどをより多く落としてくれます。

機内で歯磨きをせずにお口のなかをできるだけ清潔に保ちたいなら、やはり洗口液(マウスウォッシュ)を使ったぶくぶくうがいがおすすめです。

 

 

 

 

 

-海外旅行ノウハウ

Copyright© 海外カードコム , 2018 All Rights Reserved.