海外カードコム

海外旅行のクレジットカード情報!

セディナカード

セディナカードは海外旅行の両替におすすめのクレジットカード!格安に現地通貨を調達できる!

投稿日:

セディナカードは年会費無料のクレジットカード!

海外旅行で現地通貨を調達するときに、両替などより大幅に手数料をおさえられる優れたメリットをもつクレジットカードです。

これから海外旅行に行く予定の方なら、ぜひ持っておきたいクレジットカードです。

以下にセディナカードの特長やデメリットな点を書いています。

デメリットが気にならないなら、セディナカードは作っておくべきクレジットカードですよ!

セディナカードのメリット

  • 年会費無料
  • 海外キャッシングの手数料が格安

年会費無料

セディナカードは、本人年会費はもちろん、家族カードやETCカードも年会費無料です。

※ETCカードの新規発行手数料に1,080円かかります。

海外キャッシングの手数料が格安

セディナカードのメリットは、海外旅行先の現地通貨を用意する手数料が、一番安くすむ便利なクレジットカードです。

普通は海外で現地通貨を用意する場合、空港や街中の両替所で高い両替手数料を支払って日本円を現地通貨に両替します。

この時にかかる割高な両替手数料に比べ、セディナカードで現地の対応ATMでキャッシングをした方が、両替した場合の手数料に比べて大幅に安い手数料で現地通貨を用意できます。

安い手数料になるのは、セディナカードの海外キャッシング時にATM手数料が無料であることと、キャッシング金額の繰り上げ返済(前倒し)が最短2~3日でできるので、格安のキャッシング金利手数料で済ませられることが理由です。

多額の日本円を海外に持ち込んで、現地両替所で複数回両替する場合に比べ、必要な時に必要な分の現地通貨を、割安の金利手数料で現地通貨を調達できるのは本当に便利です。

年会費がかからないセディナカードですから、今後海外旅行に行く予定があるのなら、ぜひ作って持って行きたいクレジットカードと言えます。

セディナカードのデメリット

  • 利用明細に紙で送られてこない
  • 海外旅行保険がついていない
  • ETCカード発行に手数料1,080円がかかる

利用明細に紙で送られてこない

セディナカードには紙の明細書送付サービスはありません。ネット上での明細確認しかできないので、どうしても紙の明細書が欲しい場合はセディナカード以外のクレジットカードを探す必要があります。

海外旅行保険がついていない

エポスカードのように年会費無料でも海外旅行保険がついているクレジットカードもあるので、せっかく海外キャッシングに強いセディナカードなので、海外旅行保険はつけて欲しかったなと思います。

ETCカード発行に手数料1,080円がかかる

車をお持ちの方にはデメリットですね。ETCカード発行に手数料がかかるのがイヤな場合は、本人・家族・ETCカードの年会費・発行手数料も一切かからない、オリコカード ザ ポイントがおすすめです。

セディナカードもオリコカード ザ ポイントも両方とも年会費がかからないので、2枚持ちでもお金は一切かからず、いいとこ取りができますね。

セディナカード基本情報

カード名 セディナカード
申込み資格 18歳以上の方。※高校生を除く。未成年者は親権者の同意が必要。
年会費 無料
ポイント還元率 還元率0.5%(200円で1ポイントたまる)。セディナポイントモール経由でショッピングするとポイントが2倍~最大21倍に
ポイント有効期間 24ヶ月
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費無料※発行手数料1,080円
返済方法 1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い
紛失・盗難保障 あり
海外旅行保険 -
 傷害死亡・後遺障害 -
 賠償責任 -
 傷害治療費用 -
 疾病治療費用 -
 救援者費用 -
 携行品損害 -
電子マネー
国際ブランド Visa・MasterCard・JCB

-セディナカード

Copyright© 海外カードコム , 2018 All Rights Reserved.